おうちで写真3


今回はカメラの設定のお話じゃなくて、ママ友トークみたいな事を書いてみます。

カメラのことを学び、撮りたい写真が撮れるようになってくると、どんどんはまって、技術がついてくるといいレンズが欲しくなる!(笑)

けど今回はシンプルに、撮ることについて。

我が子の成長記録を、もっと可愛く残してあげたい。

残したい。

そんなママの想いが集まってるかごしまママカメラ部。

優しくて素敵な時間。

子どもの写真を撮るために大切なことって、そんな愛だと思っています。

そして、我が子への愛であふれた写真のある生活は、子どももうれしいと思います。

撮らないでって時期ももちろん来るし。

そんな時は、昔の写真を見返しながら、思い出に浸る!

書いてくれたお手紙や、作った物も写真に残しておくといいですよ♪

おかあさん大好き!な可愛い時期から、突っ込みどころしかない時期になったり、

いよいよ来た反抗期だったり、母だって戸惑う思春期だったり。

でも、どうやっても変わることのない我が子への愛情は、強い生きる力にもなるはず。

それが残る『写真』のちからって、素敵だなぁ。

心の波も、刺激的なわくわくに変換して、親としての成長だと学びます。

最後に、

いい写真って、人それぞれでいいと思います。

日常の何気ないことが、一番の幸せだと改めて感じるとき、今この瞬間がとても愛おしくなります。

そんないつも通りの風景がそのまま残せたら、家族の宝物にならないかなぁ♡

で、結局、こんな想いがあると、撮りたいカタチがきまってくるので、技術を磨きたくなるのです。

人生日々学びだぁ~

コメントを残す