おうちで写真2


かごしまママカメラ部おうち教室

いきなり突風が家の窓をたたくので、目覚まし時計より先に起きちゃったじゃん!な今朝。

鹿児島は、 晴れて青空ですが、朝から冷たい風が吹いています。

さて今回はシャッタースピードのおはなしをさらっとさわやかに。

iso感度のみ変えたいときはカメラはプログラムモードでしたが、

シャッタースピードの時は、シャッタースピード優先モード(TV、S)にします。

シャッタースピードとiso感度は撮影側が設定し、絞りはカメラが決めます。

シャッタースピードとは、

簡単にいうと、

動きのあるもの、早いものの一瞬をきりとったり、

ブレを活かした撮影が自由にできる機能です。

ママカメラ部的に言うと、

一時もじっとしてられない動き回るキッズの、走り回る一瞬の動きをピタッと魔法のように止まったような写真が撮れる! わお♡

強風の中、風景も女の子も動きがある撮影では、早いシャッタースピードで!
シャッタースピード1/1000

ここで、基礎知識として、よく言われる「写真がブレちゃうんです」のブレ。

ブレには、『カメラブレ』と『被写体ブレ』があります。

カメラブレは、撮影者が動いたり、シャッターを押した時にカメラが動いて、写真全体がブレて写ります。

被写体ブレは、被写体の動きがシャッタースピードより速いため、背景が止まって写っていても、被写体はブレています。

動きのある写真を表現したいときは、遊べます♪

カメラブレは、防ぐ努力が必要です。

筋トレして、腕を三脚のように強くしましょう♪

シャッタースピードを変えるとこんなに動きが違います。

シャッタースピードが速い(1/500)と、それだけ光を取り込む時間が短いので、写真は暗くなります。

シャッタースピードが遅い(1/60)と、光を多く取り込むので明るくなります。

こうしてシャッタースピードを変えると、露出も変わるので、まだ絞りのお話してないですが、絞りや感度で調整してください。

頭フル回転ですよ😊

シャッタースピードの目安としてママカメラ部的に、

寝てる赤ちゃん・・・1/30~1/60

歩く子ども ・・・1/125~1/250

ブランコで遊ぶ ・・・1/1000~1/1500

室内では早いシャッタースピードだと、暗くなるので、感度を高くしてくださいね。iso800,iso1600~

シャッタースピードで思いきり遊んでみてください!

おっと!構え方忘れずに♪

行きたかったカフェがお休みであ~

がっかり

帰り路見つけた珈琲屋さんでテイクアウト

あら♡


*かごしまママカメラ部*

*ニューボーンフォト*

*ハーフバースデー*

*赤ちゃん等身大台紙*

*誕生日フォト*

※ご希望のお日にちがございましたら、お早目のご予約をおススメしています

■撮影ご予約お問い合わせはこちら■

インターネットからのご予約も受付中

(ネットからのご予約は90日前から7日前までのご予約となります)

*ネット予約*

お問い合わせ携帯メールの方はLINEをご利用ください。

LINE

LINE@写真室ペーパームーン公式

友だち追加数
℡*
土下座


お問い合わせ&ご予約受付中&撮影裏話更新中
TEL(代表) 099-298-3416…営業時間外は伝言をお願いします

コメントを残す